コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

李政権に、いらだち鮮明 北朝鮮の南北合意無効化宣言

 【ソウル=箱田哲也】北朝鮮の統一団体、祖国平和統一委員会が30日、南北対立解消に関する合意の無効化を一方的に宣告した。発足からほぼ1年を迎えても北朝鮮への強硬姿勢を変えない韓国の李明博(イ・ミョンバク)政権に対するいらだちをぶつける一方、朝鮮半島の緊張を高めることでオバマ米新政権の関心を引こうと躍起になっている。

 北朝鮮は李政権に対する非難をエスカレートさせており、17日には朝鮮人民軍総参謀部の報道官が「(韓国との)全面対決態勢に入る」と警告した。

 韓国政府は、今回の声明も一連の流れにあると見ている。だが、米韓などが黄海上の事実上の軍事境界線としてきた北方限界線(NLL)問題に関して、91年に署名された南北基本合意書の関連部分を「破棄する」と断言したことは重く受け止めている。北朝鮮船舶などが実際にNLLを越えて入ってきた場合、偶発的な衝突が起きる恐れがあるため、韓国政府や軍は警戒態勢を強め、北朝鮮側の動きを慎重に見極めている。

 北朝鮮側がこの間、李政権に最も強く求めてきたのは、過去の金大中(キム・デジュン)、盧武鉉(ノ・ムヒョン)両政権で署名された二つの南北宣言の有効性を認めることだが、李政権はまず南北対話から始めるべきだと主張している。

 李大統領は19日、北朝鮮に対する強硬論者とされる玄仁澤(ヒョン・インテク)・高麗大教授を統一相に任命するなど、これまでの姿勢を転換する考えがないことを鮮明にした。半面、具体的な統一政策を固めきれていないのも事実で、北朝鮮側は李政権の定まらない足元を見つつ圧迫を加え続けている。

2009年1月30日11時52分 asahi.com

李政権に、いらだち鮮明 北朝鮮の南北合意無効化宣言

この動きは、北の後継者選定と何か関係があるのでしょうか?

スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kuremenwindy

Author:kuremenwindy
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。